オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 大規模修繕が終わって | main | 格安スマホへ乗り換えの記・その2 >>
格安スマホへ乗り換えの記・その1
スマホの使用料が高い。毎月7000円以上かかる。
私が契約しているのは、NTT docomoの「Xiパケ・ホーダイ ライト」という料金プランで、パケット定額料が4700円。「パケット量が月3GB(ギガバイト)までは使い放題!」というのがうたい文句だが、使用量を見て見ると、月3GBどころか、たいていは0.4〜0.5GBで、1GBすら超えたことなんてないのだ。
でも、この「パケホーダイ・ライト」より安いプランはない。
docomoではこれ以上、料金を安くすることはできないというわけだ。

それに、端末の調子が悪い。使っているのは富士通のArrows。これは、画面の中ではなく端末自体にホームキーなどがあるのが特徴なのだが、そのキーの一つが、何度か押さないと反応しなくなってきている。買って3年以上たつので、耐用年数を超えているのかも。アプリをインストールしようとすると「お使いの端末には対応していません」と表示されることもあり、もう限界のようだ。

docomo、au、ソフトバンク以外にも通信事業者が登場していて、そういうところを使うとスマホ使用料が大幅に下がる−−という話は新聞などで見ていたので、端末を買い換えるのと同時に事業者も乗り換えようと思ったのだが、どんな業者があるのか、どういう料金体系なのかを調べるところまで手が回らないままになっていた。

そんなとき、仕事で編集協力した雑誌が送られて来た。そこにあったのが「格安スマホ」特集。思わずページをめくった。
しかーし、どの業者がいいのかよくわからん。乗り換えの手順も、SIMフリーの端末を買い、それとは別に通信事業者にネットでSINカードを注文して、送られてきたものを自分で端末に入れるらしく、結構手間がかかりそう。

自宅で契約しているケーブルテレビ会社でも、スマホが格安になるサービスが始まる−−というチラシが入ってきた。「これだ!」と思ってよく見ると、音声通話はできないとある。通話はほとんどしないのが、まったくできないのは困る。ということで、こちらもアウト。

そんな話を久しぶりにあった友人に話すと、彼女も格安スマホに乗り換えようとしているところだという。「娘が調べたところによると、iijがいいらしい」という話。パケット使用量が3GBまでなら900円、音声通話のパックをつけても月1600円!ドコモの約4分の1以下ではないか。

それに、iijはビックカメラの店舗に窓口があってそこで申し込みができ、その場でSIMカードが受け取れるというのだ。
「それいい!」ということで、友人と一緒にビックカメラに行く約束をした。

つづく
| - | 18:10 | comments(0) | - | - |