オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< ホームページ、リニューアルしました | main | ビールの容量 >>
短期保有もアリ?
7月8日の日経ヴェリタスは「異変 投信夏の陣 崩れる長期保有の常識」がトップでした。個人投資家による投資信託の平均保有期間が5月末時点で2.37年と、過去10年で最も短く、5年前と比べると9カ月ほど短期化しているとのこと(5年前だって3年ちょっとだから、もともと短いわけですが)。
そして、金融市場は不安定な状態が続き、早めに利益を確定したい個人投資家の心理をとらえて、「繰上償還条件付き」−−基準価格があらかじめ決めた水準に達したら償還する仕組み−−のファンドが増えているとか。

実際には、販売会社のほうが「毎月分配型ファンドは元本を取り崩しているので値下がりしてますよね。今のような経済が不安定なときは、早めに利益を確定するこちらのファンドがお勧めですよ」といってセールスしているのでしょう。

毎月分配型ファンドが人気化してきたとき、FPのほとんどは「複利効果のきかない毎月分配型ファンドはいかがなものか」的なことを言っていたわけですが、毎月分配型が投信市場の主流にまでなると「毎月分配型も、リタイアして収入が年金だけの人にとってはニーズがある」と認めざるを得なくなりました。

投資信託の短期保有の傾向がこれからさらに強まれば、FPも「投資信託は長期保有が基本だけど、短期で利用するのもアリ」と発言するようになるかもしれません。
FPって非力・・・(と、弱気モード)。
| - | 10:37 | comments(0) | - | - |