オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 税務署にて | main | 陽子線治療の現場を見てきました >>
会社訪問
鎌倉投信のファンド「結い2101」の受益者(ファンドを保有している人)を対象にした、投資先企業の会社訪問会に参加しました。今回の訪問先はペット保険のアニコム損保

まず毎日行われている“朝会”を見せてもらいました。挨拶や全体唱和から始まる点は朝礼的ですが、会社の理念を共有するために、テーマに合わせた“寸劇”(?)をしたりするのがユニーク。今の若い人たちには、文字で伝えるより、目や耳や体を使ったやり方のほうが伝わりやすいからだそうです。

社長から会社の概要を聞いたあとは、社内見学。
印象的だったのは、そのオープンさです。金融業界の会社は、個人情報を扱っているという理由で「見せられない」「話せない」ということが多いのですが、アニコム損保では社内のすべての部署、コールセンターの中まで見せてくれました。それだけでなく、どの部署の人たちも、業務の邪魔になっているかもしれない私たち見学者に対して、いやな顔ひとつをせず、ていねいに温かく迎えてくれたんですよね。こういう社風はネットや新聞・雑誌ではわかりません。

小森社長は保険を、何か不幸なことがあったときに使うものにとどめず、「事故の統計をもとにして予防情報を提供する」ために使うことを考えていて、すでに、「どの犬種は何歳くらいの時にどんな病気になりやすい」といったデータを保険の契約者などに提供しているそうです。
これまで、多くの生保会社、損保会社の方とお目にかかりましたが、こんな発想は聞いたことがありません。日本では個人向けの保険マーケットは飽和している感がありますが、その先に新しいビジネスモデルがあるんですね。
アニコム損保は、「ペット関連産業は今後の成長が期待できる」といった単純な発想を超えた企業だと感じました。
| - | 16:34 | comments(0) | - | - |