オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 家計の曲がり角 | main | 16年ぶりのにぎわい >>
保険の見直し相談、なぜ多い?
これまで個人向けのコンサルティングをしてきたなかで、いちばん多かった相談内容は「生命保険の見直し」。全体の8割ほどを占めます。これは私に限らず、独立系のどのファイナンシャルプランナーもみな同じでしょう。生命保険の見直し相談は、FPの「収入源」となっているのです。
なぜ、こんなに見直しの相談が多いのでしょうか

これまでに販売されてきた保険の多くはしくみが非常に複雑です。そのため契約者は保障の内容を理解しないまま、保険の営業職員に言われるとおり、何も考えずに加入しています。
営業職員の報酬は、とってきた契約の保障額に応じた歩合制になっていたりするので、どうしても保障額を大きくしがち。その結果、多くの人が、必要以上の保障のために保険料を払っています。

ところが更新時期が来て保険料が上がるときき、あわてて相談に来る。あるいは、テレビや雑誌などで生命保険が取り上げられているのを見て、自分の保険もどうも保障が多すぎるみたいだと気づいて相談に来る−−というのが典型的なパターンです。
保険会社が契約者に多めの保険料を払わせてきた営業努力(!?)が、FPの収入に結びついているという、なんとも皮肉な結果になっているのですね。

生命保険商品の複雑なのは、いろいろな保障がセットになっているから。いちばんよく見られる「定期付き終身保険」だと、終身保障で貯蓄性の高い終身保険に、保障期間の限られた掛け捨ての定期保険がくっついていて、それにやはり保障期間の限られた掛け捨ての医療特約がつくという形が多くなっています。
終身型/定期型、貯蓄型/掛け捨て型、死亡保障/医療保障、という異なるタイプの保険が組み合わさっているため、契約者は何がどうなっているのかわからないということになるわけです。
そうなると、望ましい保険商品はおのずと見えてきます。つまり、タイプの異なるものが別々の保険になっていて、必要なものを必要な保障額ぶん、自分で選んで加入できるものです。

保険会社も最近は、FPの意見を聞きたいとか、FPに新しい商品を紹介したいということで、意見交換会や説明会を設けて私たちを招いてくれます。が、そこに出てくる商品は「新しい特約」とか「ボーナスつき」とか「業界初の○○」とかだったりして、消費者のニーズとはかみ合っていないなぁという印象です。

日本人の90%が生命保険に加入しているという現状で、新しく保険に加入させるのは非常に難しいこと。だとしたら、根本的に商品性を見直す必要があるのではないかと感じるのですが、なかなかそうもいかないでしょう。
だとしたら、消費者のほうが知恵をつけて、本当に自分に合ったよい保険商品を選んでいくしかありませんね。

| - | 00:13 | comments(0) | - | - |