オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 3者3様 | main | もっとイメージアップを >>
迷える「職業」欄
銀行の口座開設申込書、病院の問診表から、懸賞への応募など、「職業」の欄に記入を求められる機会はいろいろあります。

会社員・公務員、学生なら、ここで引っかかることなど考えられないでしょうけれど、私のようなフリーランスは、「職業」をどう書くか悩むことがよくあります。分類からいったら「自営業」なので、選択肢がある場合はそれを選択します。記入欄に自分で書くときもたいがいは「自営業」と書くのですが、これだけではイメージがわかないらしく、病院などではいろいろきかれることもあります。
編集の仕事がメインだったときは、「フリーで編集の仕事をしてます」というと、たいていそれでわかってもらえました。

でも今は、「ファイナンシャル・プランナー」と言ったとき、相手が理解してくれるかどうか、あるいはどういうイメージをもつかわからないので、迷っちゃうわけです。

最近2回続けて、この場面に遭遇しました。
「自営業だそうですが、どんなお仕事ですか」ときかれたので「ファイナンシャル・プランナー」ですと答えると・・・
1人は「へぇ〜。でも、ウチはお金がないからご縁がなさそうですね」。
もう1人は「へぇ〜。じゃ、何の株を買ったら儲かるか教えてよ」。

どちらも、お金に関係あることは理解してくれていましたが、どうも、運用とか投資に関するアドバイザーだと思っているみたい。
ちょっと違うんだけどなー。
でも、そこでわざわざ説明するのも面倒で、笑ってごまかしました。
本当はここできちんと説明しなきゃいけないのでしょうね。、そうすることで、FPへの認知度も高まるでしょうし。

最近は新聞・雑誌やテレビにもFPが登場することも増えているので、だんだんに認知度は高まってきているはずですが、でも、まだしばらくは説明が必要なようです。
「ファイナンシャル・プランナーです」と言っただけで、わかってもらえる日が早く来てほしいものです。それには、私も頑張らなきゃいけませんが。
できれば「FP」だけでわかるといいですね。「ファイナンシャル・プランナー」だと長すぎて職業欄からはみ出してしまうので。

| - | 00:02 | comments(0) | - | - |