オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< ネットとお金 | main | ストライキのプラス・マイナス >>
オマケなんていらない
花粉症歴20年あまり。今年は「当たり年」とのことで、昨年末から耳鼻科でもらった点鼻薬をさし、花粉症に効くというサプリメントを飲んで予防につとめていますが、どうなることやら。

花粉の季節になるとどうしても鼻をかむ回数が増えるので、鼻の下がこすれて痛くなります。そんなとき助かるのが、銀行でくれるティッシュ。
街を歩くと、サラ金や居酒屋、マンションのモデルルームからテレクラまで、いろいろな業種がポケットティッシュを配っていますが、銀行のものはそういうのに比べてダントツに品質がよく、肌ざわりがやわらかいのです。なので私は、銀行でもらったティッシュを、花粉の時季用に大事にとっておきます。

それにしても、銀行はこんなに高級なティッシュを顧客に配らなくてもいいんじゃないでしょうかね。普通の品質のものにすれば、コストを削減できるのに。最近は通帳の更新も機械でできるようになったので、窓口でティッシュをもらう機会は減りましたが、それにしてもね。ましてや、公的資金を注入されている銀行の場合、ティッシュ1個にも税金が使われているってことになるわけでしょう。

ティッシュだけじゃありません。ボーナス時期などに、新規に定期預金の預入をするとキャラクターのついたお皿やスリッパをくれるなんていうところも、いまだにあります。おまけで釣って預金させるなんて、時代遅れじゃないですか?

と思っていたところ、「気持ちよく暮らす100の方法」(津田晴美著:ちくま文庫)という本の中に、こんなフレーズを見つけました。

「タダやオマケがいいものを選ぶ目をくもらせる
  これを買うともうひとつオマケがついてくる。新規に口座を開くとプレゼントが漏れなく当たる。もの不足の時代ならいざ知らず、ものが溢れる今の時代に子どもだましの発想が悲しい。」

ほんとほんと、そのとおり。特に、金融商品は、おまけで選ぶものではありません。この「おまけ」には、形のないものも含まれます。例えば、「キャンペーン期間中に投資信託を買うと販売手数料をキャッシュバック!」なんていうやつ。こういうのって、おトクでもなんでもないでしょう。こういう有形・無形のおまけはやめて、サービスや商品力で勝負してほしいですよね。

| - | 23:51 | comments(0) | - | - |