オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 歌舞伎座さよなら公演 | main | 税務署にて >>
ジェット→オリックス→マネックス
2010年5月1日、オリックス証券がマネックス証券と合併して吸収されました。その結果、私はマネックスに口座が2つできてしまいました。そう、両方に口座がある(あった)からです。
そのオリックスの口座も自分で開設したものではなく、ジェット証券が昨年の1月にオリックスに吸収されたためにできたものです。つまり、ジェット→オリックス→マネックスとなるわけです。
ジェット証券は有名ではないし規模も小さかったのですが、ネット証券会社が次々登場し始めた当初からある“老舗”でした。

 たしか1999年だったと思いますが、できたばかりのネット証券各社が日経ホールでプレゼンテーションをしたのを見に行きました。そのときに出ていたのが、マネックス、イートレード、日興ビーンズ、DLJディレクトSFGなど。このうち、今も名前が残っているのはマネックスだけです。
イートレードは2008年にSBI証券になり、日興ビーンズは2005年にマネックスに吸収され、DLJディレクトSFGは2004年に楽天証券になりました。ほかにも、eウィングと日本オンラインがカブドットコムになったり、日本グローバル証券がライブドア証券を経てかざか証券になったりしています。10年あまりですっかり様変わりですね。その中で、昨年まで続いていたジェット証券は、よく頑張ったと思います。

 ジェット証券は口座の保有者に自社株の割り当てを行い、私はそれを買ったので、株主でもありました。株主総会にも2回ほど行きました。その株は、自動的にオリックス株になったわけですが、自分の意思と関係なく保有することになった株って、愛着がわきませんね。「親から株を相続したけど、自分は株に興味がなく、もらってもピンとこない」と言っている人がいましたが、その気持ちがちょっぴりわかった感じ。

 でも、ジェット証券はずっと赤字で無配だったけど、オリックスになってから配当が受け取れるようになったので、それはよかったといえるでしょう。
| - | 13:02 | comments(0) | - | - |