オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< これまでの10年、これからの10年 | main | ご当地ファンドはいかが? >>
未公開株にご用心
 自宅にかかってきたセールスの電話。いつもならすぐに「結構です」と言って切るのだが、「未公開株」の件だというので、話を聞いてみた。近く上場を予定しているあるバイオ関連会社の株を1株30万円、3株単位で譲渡する、という内容だった。

 未公開株とは、証券取引所に上場されていない株のこと。それが新規に上場すると、株価が大幅に値上がりすることが多い。上場前に手に入れておけば、大きな儲けが期待できるというわけだ。
 だが、未公開株の販売ができるのは登録を受けた証券会社だけであり、証券会社の業界団体では、原則として未公開株の勧誘は行わないとしている。だから、未公開株を勧誘する業者自体が、まず怪しいと考えていい。先日も、大塚化学ホールディングス(HD)の未公開株を販売したとして、投資会社の幹部二人が逮捕された。
 それ以外にも、電話やダイレクトメールを使って、上場の予定のない株や、譲渡に制限があって実際には買うことのできない株を「上場間近」「値上がり間違いなし」などといって買わせ、購入代金をだまし取るケースが後を絶たない。金融庁や日本証券業協会などが注意を呼びかけている。

 さて電話の相手だが、説明は立て板に水。大塚化学HD事件を指摘しても、答えが用意してあるらしく、うまく言いかわす。未公開株が問題になっていることを知らなければ、だまされてしまう人がいてもおかしくないと感じた。
 でも、世の中にはそうそうおいしい話など転がっていないのである。おいしければおいしいほど、疑ってかかる。そのぐらいの用心は必要だ。未公開株の勧誘にはくれぶれもご注意を。

| - | 23:38 | comments(0) | - | - |