オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 未公開株にご用心 | main | 分別に効果あり >>
ご当地ファンドはいかが?
『函館の女』『伊勢佐木町ブルース』などのように、特定の場所織り込んだ歌を「ご当地ソング」というが、最近、資産運用でも「ご当地」が注目されている。特定の都道府県や地域の企業に投資する投資信託が次々に設定され、販売されているのだ。

 投資信託は、大勢の人から集めた資金でファンドを作り、その資金を数多くの株や債券などで運用する仕組み。
 何で運用するかはファンドによってさまざまだが、「ご当地ファンド」は、「その地域に本社またはそれに準じるものがある企業や、その地域に進出して雇用を生み出している企業にの株に投資する」というのがコンセプト。
 株というのはもともと、企業に出資して事業活動を応援するというものだから、ご当地ファンドを買うということは、ファンドを通してその県や地域をの企業を応援するということにつながる。
 ご当地ファンドで人気が高いのは、「世界のトヨタ」がある東海三県(愛知・岐阜・三重)ファンドだが、関東エリアでも現在、埼玉、神奈川、茨城、栃木の各県に、ご当地ファンドがある。
 投資や運用にあまりなじみのない人は、中身がわかりやすく親しみやすい「ご当地ファンド」から始めてみるのもいいかもしれない。

 ただし、投資信託は元本保証はない。また、ご当地ファンドはエリアを絞るぶんファンドに組み入れる銘柄数が少なくなり、一般の日本株ファンドより値動きは大きくなる。自然災害などでファンドの価格が大きく下落することも考えられる。
 ご当地ファンドは、こうしたリスクも理解したうえで、少ない金額で投資するのがいいだろう。


| - | 23:37 | comments(0) | - | - |