オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< セの気になる夏でした | main | たかが水だけど >>
カードでびっくり
ある日の夕方、スーパーのレジに並んでいたときのことです。
私の前にいた女性がカゴいっぱいの食料品、それに雑誌(私の記事が載っているヤツ!)の代金をクレジットカードで支払おうとしました。ところが、レジ係がカードを機械に通したところ受け付けられなかったらしく、女性はカードを返されてしまいました。

「限度額オーバーしてたのかな」と、私はその女性がお財布を出して現金で支払いをするものとばかり思って見ていたら、なんと! 彼女は言ったのです。
「じゃ、全部キャンセルします」

えーっ!と心の中で叫ぶ私をしり目に、その女性は悠然とレジを去っていきました。
残ったカゴいっぱいの食料品等々は、レジを手伝っていた男性店員(夕方の混雑時だったのでレジは2人体制だったのです)が売場へ返しにいきました。

それにしても、ふつうはカードが使えないと言われたらあわてるはずだけど、その女性はぜんぜん動揺していませんでした。使えないかもしれないと、あらかじめわかっていたのでしょう。

何が理由でカードが使えなかったのかわかりませんが、可能性として高いのは、限度額オーバー。クレジットカードは現金がなくても買い物ができて便利ですが、つい使いすぎてしまうのが怖いところ。カードを使うからには、残高の管理は欠かせません。
カードの使いすぎからサラ金を利用、そして多重債務へ、というケースも少なくないといいますからね。

今後、 お財布ケータイにクレジット機能がつくようになります。お金の持ち合わせがなくても買い物できる便利さと引き換えに、使いすぎのリスクも高まるわけで、特に若い人たちが、安易に買い物をするようになるのではないかと心配です。
 
私たちははっきり自覚していませんが、便利になればなるほど、自己管理能力がより必要になるのです。
便利になればなるほど私たちが幸せになるわけではないというのは、ちょっと悲しいですね。

| - | 23:27 | comments(0) | - | - |