オフィスカノン まがいまさこ 馬養雅子

LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 楽しい総会 | main | 介護の沙汰もカネしだい? >>
大当たり!
2,3年前まで、IPO(新規公開株の売り出し)は大人気でした。株式投資のセミナーで「IPOに当たるにはどうしたらいいんですか?」という質問を受けたこともありましたっけ。
ご存じない方のためにご説明すると、新規公開株は普通の株と違って、その株の売り出しを担当する証券会社に「買いたい」という希望を出すブックビルディング方式がとられます。たいていは、売り出される株数に対して買いたい人のほうが多く、ネット証券会社では抽選、店舗のある従来型の証券会社では1部が抽選であとは大口の顧客へ割り当てられたりするなどして、小口の投資家はなかなか買えません。そこで、「応募してもしても当たらない」ということになるわけです。
06年1月のライブドアショック以来、IPOの人気は以前ほどではなくなりましたが、それでも状況はあまり変わっていないようです。

私自身はIPOに興味はありませんでした。株というのは、知っている会社に投資すべきもの。新規に株を公開するのは、基本的に知らない会社ですから、投資対象にはなっていなかったのです。ところが。
今年の10月、ある金融グループ会社が新規上場することになりました。仕事の関係で、よく知っている会社です。グループ会社のうちの1社が開催するプレス関係者向けの報告会には何回か行って社長と名刺交換をしたこともあるし、もう1社の新商品説明会にも行ったことがあります。今までにない顧客本位の経営方針は、常々とてもいいな、と思っていた会社でした。
そのうえ、私が株の取り引きをしている小さなネット証券会社(ごめんね、J証券)でもこのIPOを扱うというのです。
それで、 初めてブックビルディングに参加してみました。

「まあ、どうせ当たらないだろう」とは思うものの、「当たればうれしい」という気持ちもあり、ドキドキしながら迎えた株の割当日。
結果は「当たり」!
売り出し株数が通常のIPOよりずっと多かったからでしょうけど、なんでも「当たり」というのはうれしいものですね。
証券会社に購入するという意思確認の電話を入れて、上場の日、めでたく株主になったのでした。
IPOは、上場後に株価が急上昇したりすることもあり、「長期で保有するつもりなのに、もし株価が大きく上がって売りたい衝動に駆られたらどうしよう」なーんて思っていたのですが、とりあえずその心配はありませんでした(^^;)


| - | 23:18 | comments(0) | - | - |